1. TOP
  2. ブログ
  3. 髪の色を変えた、でもマスクが手放せないのはなぜ?

髪の色を変えた、でもマスクが手放せないのはなぜ?

昨日、専門学校でパーソナルカラーの授業をしていました。

普段の夜間の検定対策授業とは別です。

 

 

昨日のクラスには、過去に夜間の授業を受けてくれた学生が何人かいました。

当然、その学生たちには私がパーソナルカラー診断をしています。

 

 

昨日は、パーソナルカラーの4つのシーズンの特徴を説明しながら、そのシーズンの学生をモデルにして色々と説明をしていました。

 

 

相変わらず、どこへ行っても髪の色(カラーリング)についての質問が多いのですが、それは昨日も同じく。

 

 

そうは言っても、パーソナルカラーの授業なのでね、お洋服やメイクの色を中心にしつつも、ザクッ!髪の色についても話をします。

 

 

ふと・・・

 

 

ひとりの学生のことが気になりました。

 

そういえば、夜間の授業を受けている時から、ずーーーっとマスクをしている。。。

 

yjimage

 

昨日はちょうど、教室のど真ん中に座っており、私の目の前にいました。

(だから、余計に気になった。)

(別に、咳込んでいたり、体調が悪そうでもない。)

 

 

「ちょっと前においで~~。」

 

 

と言って、彼女をモデルに話を。

 

 

「髪の色が似合っていないのは、自分でもわかってるよね。。。」

(うん!と返事。)

 

 

 

「マスク姿が多いけど、どうして!?」

 

 

 

すると彼女、

 

 

 

「顔色が冴えないから、メイクをしてもおかしくて。。。」

 

 

やっぱり!!!

 

 

そう、彼女がずーーーーっとマスクをしていたのは、髪の色が合っていないために起こしている対比の現象で、顔色を悪く見せていたのです。

 

おまけに、かなりのロングヘアです。

 

 

近くでよく見ると、肌が荒れているわけではないのです。

どちらかというと、いつも赤ら顔、みたいな感じ。

 

 

「それさぁ、髪の色がそうさせているんだよ。そんなにキレイな肌しているのにもったいないよ。それに、メイクももっと映えるはずだよ!」

 

 

もっと、早くに気づいてあげたら良かったかも、と思いつつ、まさか、

ずーーーっとマスク姿の理由が髪の色による影響だったとは。。。

 

 

 

でも、それって、意外と気づかないものなのです。

 

 

髪の色だけに視線が行ってるし、顔の色だけに目が向いて、顔全体、トータルで「似合っている」かどうか、見ていないから。

 

 

「騙されたと思って、髪の色、変えてごらん?」

 

1a

そう言って、昨日は終わりましたが、果たして、次の授業の時にはどうして来るのか・・・。

 

 

顔色が冴えない、とか、くすんで見える、とか、いつも火照ったように見えている、なんてことがあったら、一度、自分の髪の色が合っているかどうか、冷静な目で見てくださいね!