1. TOP
  2. ブログ
  3. 学生のモチベーションをいかに維持させるか

学生のモチベーションをいかに維持させるか

今月で今年度の専門学校の授業が終了します。

 

授業も残り数回。

 

毎回、残り少ない授業になってくると、やり残したことはないか、遅れを取っている学生はいないか、などなど。。。いつも以上にピリピリとしてきます。

 

本番の試験まで間があるとはいえ、授業の最後に行う模擬テストの結果が芳しくないと、私も責任を感じます。

 

だから、やっぱり良い点を取って欲しい!(笑)

 

 

厳しいことを言ったりしたかと思えば、誉めるところは誉めて自信をつけさせ・・・という、いかにモチベーションを高く持てるようにするか!

 

そこんところ、すっごく気にします。

137983-8

(このイラストのように、実に様々なタイプの学生が大勢います。)

 

 

受け持っているうちの1クラスは、今年度丸っと1年間、私の授業を受けてくれた学生たちです。

 

 

話しやすいのか、聞いて欲しいことがあるのか、とにかく実に色んな会話が授業中に飛び交います。

 

 

昨日も、

 

 

「先生~~~、私、来月からのインターンシップが○○(ある有名ブランドのショップです。)なの~~~。私に合わないよね~~~。どうしよう?」

 

 

・・・ですって(笑)

 

 

練習問題のプリントをやっている最中です、教室中に聞こえる大きな声でこうやって話しかけてきます。

 

 

かと思えば、テキストの内容を説明していると、ヘアスタイルや髪の色をチェンジした学生が、

 

 

”見て!見て!!”

 

 

と言わんばかりに、髪の毛の毛先を手で持ってアピールしてきます(笑)

 

 

このように今、例に挙げたやりとりに、ちゃんと答えるのですよ、わたし。

 

 

とりあえず、聞き入れます(笑)

 

 

その後、どう元に戻すかは、ケースバイケースです。

 

 

「静かにしなさい!後で!!」

 

 

。。。とは、言いません。

 

 

 

また、教室の座席が、かつてドレープを使用して実習をしていた時のままで、ドレープ用の場所として一番前の座席が一列空いた状態でした。

 

 

先週くらいから、後ろに座っている学生に

 

 

「前の席空いてるから、前に移動しても良いよ。」

 

 

というと、

 

 

「いいわ。」

 

 

と断られるかと思いきや、

 

 

「わーーい、じゃぁ、前行こ。先生の真ん前♪しっかり勉強しよっと。」

 

 

と言って、荷物持って数人移動してきます(笑)

 

 

とにかく、

 

 

最後の授業まで飽きることなく、勉強して欲しい!

 

 

 

その思いが強いので、彼らが勉強しやすい体制に持っていけるように努力するのが、一番大変、といえば大変でしょうか。

 

 

 

でも、中には居眠りする学生もいます。

私・・・起こしません(笑)

 

試験勉強するときになって困るのは自分だから。

(今は居眠りしていて起こされないからイイや!って思ってると大きな間違いです。)

 

だから、決して優しい先生でも、甘い先生でもないのですよ。

 

 

こうやって、クラス全体の雰囲気をよぉーーーく観察しています。

 

 

この緊張感も今年度も残りあとわずかです。

 

 

寂しいような、ちょっとホッとするような複雑な心境ですが、とにかく、心残りのないようしっかりと終えたいと考えています。

 

 

すべては、試験合格のため。

 

 

学生も、そして私もあと少し、ファイト!・・・です。