1. TOP
  2. ブログ
  3. アロマ・ハーブ
  4. 精油
  5. メディカルな(薬効成分)視点から選ぶアロマテラピー

メディカルな(薬効成分)視点から選ぶアロマテラピー

【香り】は本能的に ”好き” か ”嫌い” か分かれるものであると言われています。

 

 

人によってその理由は様々で、かつ、よくわからない部分でもあり、

”何となく好き” であったり ”何となく嫌い” であったり。

 

 

そういった感覚はとても大切にしてほしいと思うので、感覚で選ぶことも全然OKではあります。

でも、その感覚こそ、本当に人それぞれだから、そこにプラス!もうちょっと踏み込んでアロマ(精油)の香りを選べたら・・・

と私は思っています。

 

 

自分が ”嫌い” と思っている香りの中にも、実はとっても素晴らしい成分を持っているものもあるのです。

 

 

夜寝るときのディフューザーにブレンドする精油で今、私のお気に入りは、

 

 

ペパーミント、オレンジ、ラベンダー。

 

 

3つともポピュラーな精油ですが、意外と単体では評価が別れるものでもあります。

 

 

ペパーミントはスーーーッとして、ミント系は苦手とか、

 

オレンジは甘すぎるとか、

 

ラベンダーもこれまた、有名な香りではあるものの、みんなが好きかと言えば、意外と苦手な人が多いのも特徴です。

 

  • ペパーミントは活動的にさせてくれるイメージがあるかも知れませんが、鎮静作用があって、体感温度を低く感じさせてくれた後、温めてくれる作用が期待できます。(つまり、身体を冷えから守ってくれる、ということになります。)

 

  • オレンジ・ラベンダーは自律神経を整えてくれる効果が期待できます。

 

  • 3つとも抗菌効果が期待できるので、キレイな空気にしたい、ということにおいては、もってこい!

 

 

今回例に挙げた精油はポピュラーなものばかりでありますが、そうだからこそ、もしかしたら、どこのご家庭にでもある?・・・かも、知れませんね。

 

 

私はペパーミント多め、ついでラベンダー、オレンジという割合でブレンドして使っています♪

 

838983x839383_815B82CC90B896FB8ECA905E

 

苦手な精油でも、ブレンドすると香りは変化しますので、是非ともブレンドして使ってみてください。

そして、このようにメディカルな(薬理作用)視点から精油を選ぶときには、このような書籍も出ていますので、参考にされると良いですよ!

 

IMG_2412

 

また、巷で

「○○の精油は美容・アンチエイジングに良い!」

なぁ~んて言われているものの中で、実はこのようにメディカルな部分から紐解いていくと、あれれ??と思うことも(笑)

 

そのようなことも追々、綴っていきたいな、と思っています。

お楽しみに♪