1. TOP
  2. ブログ
  3. 講師活動
  4. アロマテラピー検定対策講座
  5. 実際にやってみると、、、良さがわかります

実際にやってみると、、、良さがわかります

今週、大学のアロマテラピーの授業で、実習としてルームスプレーを作ってもらいました。

 

テキストの内容ばかりじゃ、本当のところはわからないだろうな、、、と思い、カリキュラムに入れています。

 

アロマテラピーとは、という内容からスタートし、精油についての細かい内容についてもしっかりと話し、

 

〝自分たちでもやってみると良いよ!〟

 

、、、では、実際にはやらないでしょう。

ましてや、学生ですし。

 

専門学校生に比べると、大学生は大人しいという印象です。

こちらから声をかけないと直接話をすることも少ないです。

そんな中、ルームスプレーを作るって実際はどう思っているのだろう?とさえ、実のところ私は思っていました。

 

しかし、誰一人持ち物としてアナウンスしてあった50mlのスプレーボトルを忘れてきた人はおらず、どこからか

「今日って、実習があるんだよね〜、メチャ楽しみ〜」

という声が聞こえてきます。

 

せっかくなので、じっくりと香りを選んで欲しいと思い、時間もたっぷりととりました。

10滴入れる精油のブレンドをどうするか、精油の香りを確かめながら、楽しそうにしています。

image

image

不思議なもので、香りという目に見えないものが相手なのに、

「ねえ先生、このブレンドどう思いますか?」とメモを片手に質問があります。

それも何人も。

 

普段、学校の授業で人工の香りについて学んでいる彼らは、多少成分的なこともわかるようで、

「成分重視で選んだよ!」

なんて言葉もありました。

 

完成したボトルを嬉しそうに手にし、早速教室中に香りを拡散しています。

image

「すごーーーい、良い香り!」

 

そんな感想があちこちから出てきます。

image

私も香りを嗅がせてもらいながら

「本当だね、良い香り!」

と会話が続きます。

 

香りは立派なコミュニケーションツールとなることが実感できる瞬間です。

 

学んだことを実際に体験してみる

 

普段の授業の中ではなかなか難しいこともありますが、少しでも天然の香りの素晴らしさを実感してもらえたかな、と感じます。

 

あとは、試験に向けてしっかりと勉強に励んでもらいたいものです。