1. TOP
  2. ブログ
  3. カラー
  4. あいちトリエンナーレ2016

あいちトリエンナーレ2016

今、開催中の「あいちトリエンナーレ2016」

img_2749

3年に1度、愛知県で開催される現代アートの祭典です。

今回で3回目となりますが、芸術には疎い私ですけど、なぜかこの「あいちトリエンナーレ」は第1回目から足を運んでいます。

 

今回はどうしても見たかった展示があり、愛知県美術館へ出かけてきました。

少し、facebookのタイムラインでもアップしていますが、こちらのブログでも!

そして、その他にも気になる作品もありましたので、ご紹介させていただきます。

 

 

私がどうしても見たかったもの。

こちらです。

dsc04533

img_2757

大巻伸嗣さんのこの作品。

日本画で使われる顔料を使用して花鳥の曼荼羅が描かれています。

dsc04531

これを遠巻きからではなく、その場に足を踏み入れて見ることができるのです。

dsc04530

dsc04527

真っ白な床と壁一面に描かれた色とりどりの曼荼羅。

この空間が会場内の他の雰囲気とは違う、別空間のような空気に包まれています。

img_2755

また出口に行くと、この作品が作られた際に出た余分の顔料が地層のように重なって作られたシャンパングラス108個がずらり、と並んでいます。

dsc04536

dsc04537

(まぁ、キレイなこと!)

 

足を踏み入れることができるので、顔料の色も作品が作られた当初より色褪せてはいるようですが、モニターで制作風景が映し出されていましたが、この日見た色より鮮明でした。

美しいものには自然と心が奪われる、とはこのことを言うのか、というくらい、とても素敵な作品でした。

 

 

その他にも、こちらの茶色のグラデーション。

dsc04544

愛知県が接している4つの県(静岡、長野、岐阜、三重)の県境の土を並べた作品。

dsc04542

発想が面白い。

dsc04546

dsc04543

そして、茶色と言っても実に様々な色があるのだ、ということに気づかされる作品です。

 

 

こちらはユニークな小物ばかりを集めた作品。

dsc04521

なんでも、アーティストさんが会期中、会場を訪れる度に小物が増えていっているそう。

dsc04522

作品の横に添えられているひと言メッセージが何とも言えず、ユニーク。

dsc04519

dsc04520

dsc04523

dsc04524

 

会場入り口の壁一面に飾られている作品。

dsc04515

作者の方が仕事の空き時間に落書きをしたものが集まった作品だそう。

img_2762

実際には会場に飾られている枚数の3倍ほどの枚数があるとのこと。

img_2763

 

そして、馬のオブジェ。

dsc04539

映画のフィルムを巻いて、作られています。

dsc04538

このフィルムは笛になるとのことで、お借りして吹いてきました(笑)

img_2760

(結構、大きな音が鳴るのですよ!)

 

 

 

会場内には、至る所にボランティアの方がいらしていて、親切に説明をしてくださいます。

ボランティアの方のお話を聞きながら作品を見ていくと、より理解も深まって楽しむことができます。

 

 

そして、まだまだ見ごたえのある作品がたくさんあります。

 

dsc04516

dsc04518

半日くらいかけてゆっくり見られると良いのでは。

 

 

23日までの開催です。

img_2765

 

カメラ片手に良かったらぜひ、足を運んでみてください♪