1. TOP
  2. ブログ
  3. 重曹とクエン酸で大掃除

重曹とクエン酸で大掃除

今年も残り僅かですね。

大掃除に取り掛かっていらっしゃる方も多いかと思います。

 

今年は家の事情もあり、早くから対外的なお仕事は終え、たまったデスクワークなどに時間を費やしています。

外へ出かけることを控えている分、デスクワークから気分を変えようとすると、普段なかなか手が回らないことが気になる、気になる。。。

 

昨夜からキッチンのガス台の五徳の掃除と、お風呂場の排水口の掃除をしました。

 

五徳は大きな鍋に重曹を入れたものを沸騰させ、一晩つけ置き。

 

dsc04986

 

今朝、キッチンソープで洗ったら、あら、キレイ♪

dsc04994

 

でも、うっかりしていたことが。。。

お鍋が頑丈なアルミ製だった。

重曹を使うとお鍋が黒ずんでしまう。。。

dsc04991

(一晩つけおきした後の鍋の様子。五徳の汚れで黒いのではないってことです。。。)

 

でもこの黒ずみは、水の中にクエン酸を入れたものを沸騰させると、元に戻ります。

(ホッ!)

 

普段、やっていないことをするとちょっとしたハプニングもつきものです(笑)

 

 

さて、お風呂場の排水口の掃除。

こちらは重曹クエン酸を混ぜたもの(だいたい2対1くらいの割合。目分量です)を排水口に振りかけ、30分くらい放置。

dsc04995

水に触れるとシュワシュワシュワ~~と泡が立ちます。

 

ここで色々とナチュラルクリーニングに関する本などを見ると、お湯をかけ汚れを流す、と書かれているものが多いのですが、私はまず、捨てても良い雑巾やボロタオルなどで、ヌメリや髪の毛などの汚れを何度も拭い取りました。

 

その後、お湯を流しかけます。

 

 

この一連の流れを2,3度繰り返し。

見違えるほど排水口がキレイになりました。

 

 

重曹クエン酸を使っているので、強い合成洗剤のような嫌な匂いがすることもなく、また手荒れを心配することもないので、素手でお掃除。

ナチュラルクリーニングの良いところでもありますね。

また、大掃除とはいえ、苦になることもなく楽しんでできることもナチュラルクリーニングならでは。

 

 

この排水口の掃除は台所の排水口でも同じ要領ですることができます。

 

 

明日、明後日で大掃除をされる方は良かったら重曹クエン酸を使ってみてください♪