1. TOP
  2. ブログ
  3. シニアハーバルセラピストの試験勉強

シニアハーバルセラピストの試験勉強

来月、JAMHA(日本メディカルハーブ協会)のシニアハーバルセラピストの試験を受験します。

 

先日、試験受験資格のひとつである、規定カリキュラムをすべて終了することができました。

そして、カリキュラムを終えることだけでなく、論文発表・提出という条件もあったのですが、そちらもクリアし、これで来月の試験を受験する資格を得ることができました。

なかなか論文のテーマが決まらず、どうしようか、と思っていましたが(まぁ、気になることはたくさんあるのですが、これ!ということで絞り切れないままズルズルと。。。)今になってみれば、随分と前から知りたい、と思っていたことに手を付けていました。

 

ちなみに私の論文のテーマは

【アダプトゲンハーブとストレス反応におけるホーリーバジルの有効性について】

こちらの内容については、また別の機会に触れてみたいと思います。

 

さて、肝心の試験勉強。

 

私はとにかく書いて覚える派!

 

手が痛くなるほど、広げた要らない紙の上に何度も何度も書いて頭に記憶させます。

まぁ、時間がかかるタイプです(苦笑)

 

一昨日、担当の先生の計らいで、試験直前の対策講座を開いてくださいました。

まだ完全にテキスト全部を網羅してはいなかったけれど。。。この日は自分の出来の悪さを思い知るつもりで、参加。

 

先生が用意してくださった練習問題すべて穴埋めの筆記。

(当日の試験は、選択問題が多いみたいです)

いい勉強になりました。

(・・・って感心している場合ではないっ!! 汗)

 

覚えてるつもりが、出てこない。。。。

頭の中にポワ~~ンと浮かび上がっているのに、出てこない。。。

あー、自分が作ったノートのあのページに書いてあるのに。。。

 

そんなことが多々あり(^^ゞ

 

案の定、ガツン!とやられて帰ってきました。

 

試験まであと1ヶ月あるとはいえ、自分が専門学校で学生に教えているときは

「試験までにはまだ間があるけれど、次回の模擬テストでしっかり点数を取ってください!」

なんて偉そうなことを言い、結果、点数が悪ければ、厳しいことを言ったりしています。

 

そんなことを学生に言っておきながら、自分の今の状況。。。

あかん、ですねーーー。

 

学生たちの手前(・・・って、学生は私が試験を受けるために勉強をしているなんてことは露知らず)自分の態度は大いに反省すべき点です。

 

はい。

 

とにかく、死にもの狂いであと1ヶ月覚え込まないと。

先日もSNSに同じようなことをアップしたのですが、あえて今回試験を受けることを宣言しているのは、こんな自分に喝を入れるためでもあるのです。

 

とにかく、そう簡単ではない内容。

でも、

いつかはチャレンジしたい!

と長年、思い続けていたものです。

 

必ず一発で合格できるよう、まだまだ必死になって勉強に励みたいと思います。