1. TOP
  2. ブログ
  3. シニアハーバルセラピスト試験、合格しました!~そして、私の試験勉強の道のり~

シニアハーバルセラピスト試験、合格しました!~そして、私の試験勉強の道のり~

先月受験した、JAMHA(日本メディカルハーブ協会)のシニアハーバルセラピスト試験。

合格することが出来ました!

 

昨日、Facebookのタイムラインにアップしたところ、たくさんの方にコメントといいね!をいただきまして、ありがとうございます。

 

タイムラインにもアップしたのですが、試験勉強後半はなぜか吐き気がするほど(笑)でした。

いつかは勉強をし、取得したいと思っていた資格ですが、何といってもハードルが高い。

この勉強をするためには、1年くらい仕事を休んで集中しないといけないだろうな、と思っていたほどです。

運が良いのか、2年ほど前に協会の規定に変更があり、以前は植物療法科と植物化学科の講座を両方受講してから試験を受けなければならなかったのが、植物療法科のみの講座を受講したら試験を受けることが出来るようになりました。

それが、シニアハーバルセラピストという資格です。

 

何といっても私の最大の関門は化学。

とりあえずそれを受講しなくても良くなった、というのは私にとってはハードルが下がりました。

それでも、普段通りに仕事を入れていたら、試験勉強はムリだろうな、と。

ましてや試験は11月。

ただでさえ、講師業が一番忙しくなるのが毎年9月~11月。

 

講師のお仕事は半年~1年以上前から既に決まっているので変更することができないので、やむを得ず、秋のソープレッスンをお休みさせていただいた次第です。

 

何とかして試験勉強できる環境は最低限整えたものの、シニアハーバルセラピストの講座の初日、先生から言われたのが

「このテキストの内容は、医学部の1年生が学ぶ内容に等しいものです」

のひと言。

 

うぁーーーー。

やっぱり、とんでもない内容なのだ、と緊張したのを今でも覚えています。

それでも、毎回の授業は本当に楽しく学ぶことが出来ました。

講師の先生と同期の仲間に恵まれたことは本当にラッキーでした。

 

私自身もアロマテラピーインストラクターの講座をする際、生徒さんにお話することが

「同期の仲間ほど心強いものはないので、みんなで仲良くできるといいね」

と。

本当にそうだと、今更ながらに感じました。

 

さて、試験勉強。

仕事の合間に自分で時間を作って、限られた中で計画的に勉強しました。

昔(講師をする前)のように、試験のために勉強をする、という意識ではなく、自分がこの内容を教えるなら、どこが重要でどこを抑えなければならないのか。

そんなことも考えながら頭に叩き込んでいきました。

そして、今のご時世有り難かったのが、通勤の地下鉄や新幹線の中で、テキストや単語帳を広げていても、誰からも視線を感じなかったこと。

そう、みんな自分のスマホに夢中だから(笑)

テキストの中身は専門的な内容ばかり。

メディカルハーブの試験とはいえ、植物療法中心の内容なので、解剖生理学中心のテキストです。

荷物が多い日は単語帳をめくりながら、ひとりブツブツと言い、はたまた目をつぶったり、目線も天井を見上げたりと、きっと周りから見たら、

”可笑しな人”

だったと思います。

 

でも、みんなスマホを見てる。

正直、助かりましたよ(笑)

 

これは、当日周りの他の受験者の方の雰囲気にのまれないよう、メンタル面も整えないと、って思い移動の交通機関の中で自分のペースを貫いた、というのも大きかったです。

そして、家でもテレビがついていようが、音楽が流れていようが、気にすることなく自分のペースで勉強をする、というスタイルを貫きました(笑)

 

それもあってか、今回の合格の知らせを夫に告げたとき、言われたのが

「ホント、勉強してたよねー」

でした。

 

自分のペースを貫いて、家族はいい迷惑だったかも知れませんけど、何としても一回で合格するんだ!という気持ちも強かったですし。

仕事をセーブしている、という気持ちもありましたし。

本当に必死でした。

 

あとね、取り入れていたものがバッチフラワーレメディ

数本のレメディボトルを数カ月前から、当日はレスキューレメディにお世話になりました。

これ、本当にメンタル的に冷静にいることができました。

 

普段の仕事では人前で平気で話をしますが、試験となるとまず会場の雰囲気に影響されたり、周りの人の勉強している姿に影響されたりする性格なんです、わたし(笑)

 

今回、レスキューレメディの影響もあってか、本当に自分ペースでいられました。

 

実は、当日試験問題の1問目を目にしたとき、

”うーーー、わからん!!”

と思ったのですが、今までの私ならここで平静さを失うところですが、意外にも試験問題をパラパラとめくり、

”あ、最後の問題から取り掛かろう!”

って、思考を変えることができたのです。

 

 

で、見直しもすることが出来、試験問題にテキストのどこが出ていた、というのも結構記憶していたほど。

家に帰ってから、同期とLINEをやり取りしていて驚かれたほどです。

 

 

恐るべし、バッチフラワーレメディ!

 

というところです。

 

 

こんなことで、約8カ月かけて私のシニアハーバルセラピスト合格までの道のりがあったわけですが、将来的にはハーバルセラピストを教えられるようになりたいと考えています。

 

。。。うん、だからね。

 

苦手だと言ってた植物化学科(ハーバルプラクティショナー)の講座を来月から受講します!

でも、ガツガツ詰め込むというより、苦手意識があるからこそ、のんびり構えて勉強しようと思っています。

 

それと、植物化学を勉強すると、本当にすべてが繋がるよ。

という先輩のひと言も大きいです。

 

今は合格の知らせを手にし、本当にホッとしています。

そして、資格取得に恥じないよう、これから先の仕事に大いに活かしていけるようにしていきたいと思います。

 

 

今後もどうぞよろしくお願いいたします!