1. TOP
  2. ブログ
  3. ヘアカラーマスター検定、いよいよスタート!

ヘアカラーマスター検定、いよいよスタート!

昨日、一昨日は東京へ。

 

(一社)ビューティデザイン協会が立ち上げた、ヘアカラーマスター検定の第1期講師養成講座がスタートしました。

 

私はヘアカラーマスター検定の検定委員として、テキスト制作に2年ほど前から関わってきました。

長年かかって作り上げてきたものが、ついに完成!

この感動は何とも言えないものがあります。

 

 

今の時代、特に女性はほとんどの方が一度はヘアカラーをしたことがあるのではないでしょうか。

髪の色が、顔色や自分の顔の表情を大きく変化させることはご存知ですか?

「色を変える」ことだけにとらわれていると、色を変えたは良いけれど、「何か違う」という違和感を覚えることを感じる方もいるのではないかな、と思います。

 

また、色を変えたいけれど、美容室に行って何といえば良いのか、わからない。。。

 

と思われている方が意外と多いようにも感じています。

 

ヘアカラーリング剤とひとことで言っても、ヘアカラー剤からヘアマニキュア、カラートリートメント、ブリーチ剤など今ではたくさんの種類のものがあります。

もしかしたら、髪の色を変えるのはヘアカラー剤だけだよね、と思っていらっしゃる方も多いのではないかしら?

それぞれの特徴を抑えると、今の自分に合うヘアカラーリング剤が見つかります。

 

そして、肝心なのが「色」

どのような種類の色があり、どんな色が自分に似合うのか。

ここ、とても重要なポイントでもあるのです。

髪の色は、お洋服のように今日、明日、と毎日変えることが出来ません。

色が落ちてくる(褪色)までに時間と日にちがかかります。

その褪色してくるまで待たないといけないのと、褪色してくる色のことも頭の中に入れないと、あなたの見た目、全然違ってくるのです。

 

そんなことが、とてもわかりやすくまとまったのが、このヘアカラーマスター検定のテキスト。

 

美容に携わるお仕事の方だけでなく、一般の方にも手に取っていただきやすい内容となっています。

 

ということでスタートした、第1期講師養成講座。

初日は、実際に自分たちの手で、毛束をカラーリングするという実習。

たくさんの毛束をみんなで分担して、染める、洗う、乾かすなど半日かけての作業。

大変だったけれど、楽しく盛り上がりながら作業ができました。

実際に毛束を染めてみると、色の変化だけでなくその他にもわかることがたくさんあります。

そこも含めて勉強です。

そして昨日は、テキストの内容に沿いながら、ヘアカラーリング剤の特徴を勉強しました。

 

5日間の養成講座のうち、2日間が終了し次回以降は実際に診断をしていく内容も含まれます。

 

こちらのテキスト、美容系の専門学校様からだけでなく、実は美容師さんからのご購入も多くなっています。

もちろん、カラリストさんや一般の方からのご購入もいただいています。

 

ヘアカラーをする人のために、わかりやすくまとまったテキストなので、どなたにでも手に取っていただきやすくなっています。

 

ぜひ、お手に取っていただけると嬉しいです。

 

そして、テキストの内容を理解できたか確認をするためにも、ぜひ検定にチャレンジしていただけるとより嬉しいです。

検定は4月スタートとなります。

テキスト制作はいったんメドが経ちましたが、今は検定がスムーズにスタートできるよう、色々と準備を進めています。

 

 

ヘアカラーマスター検定公式テキストは、(一社)ビューティデザイン協会のオンラインショップまたはYahoo!ショッピングからお買い求めいただけます!