1. TOP
  2. ブログ
  3. 髪の色(ヘアカラー)をチェンジすることはオシャレの秘訣

髪の色(ヘアカラー)をチェンジすることはオシャレの秘訣

専門学校で毎週授業を受け持っていますが、一番多い質問が

 

 

「この髪の色、合ってる?」

「何色にしたら良い?」

 

 

というヘアカラーに関する質問。

 

IMG_0737

 

人に似合う色(パーソナルカラー)の授業なので、【色】に関する質問は予想していましたが、その中でも圧倒的にヘアカラーに関する質問が多いとは、当時(専門学校に行き始めた頃には)正直なところ、思いもしませんでした。

 

 

今は、もう慣れっこですけどね!

 

 

” あ、そろそろ質問来るだろうな ”

 

 

。。。って想像できるくらいです(笑)

 

 

受け持っている学生の100%が質問してくると言ってもいいくらいですよ!

 

だから、

 

” 余計にいい加減なことは言えないな ”

 

と思ったのです。

 

 

それと、若い、19、20歳くらいの学生がほとんどです。

ためらいもなく、思い切って髪の色をチェンジしてきます。

 

 

そんな彼らを見ていたら、今まで自分がしてきた提案の仕方では通用しない!

というのも強く感じました。

 

 

極端な話、今まで自分の中では

 

「このパーソナルカラーのシーズンの人にはこの髪の色は、似合わない or 似合う」

 

と思っていたものが、学生を見ていたらそうではなかった、ということ。

 

 

” これは、もう勉強するしかない! ”

 

と思いました。

 

 

今でも思います。

 

髪の色(ヘアカラー)で第一印象は大きく変わる!

 

ってね。

 

005 (2)

 

先週も、あるクラスで、髪の色(ヘアカラー)に関して、質問責めにあいました(笑)

 

 

以前と違う髪の色をして、第一印象がとっても良くなった学生もいれば、逆のパターンも。

 

 

授業なので(授業の時はハッキリと言います!)、似合わない髪の色をしている学生には

 

 

「どうしてその髪の色にしたの?」

 

 

って私、聞きます(笑)

 

 

そうすると、困ったような表情をして

 

「なんとなく・・・。」

 

って言いながら、首をすくめます(笑)

(・・・決して、いじめているわけではありませんので! 笑)

 

 

私の若い頃とは違い、髪の色(ヘアカラー)をチェンジするのは今の時代当たり前のこととなっています。

 

お洋服やメイクの色だけでなく、髪の色(ヘアカラー)にまで気を配らないといけない時代、とも言えます。

 

でも見ていると、

 

「変える(チェンジする)こと」だけに気を取られて、実際に自分に合っているのかどうか、その先までは気づかない、気づけていないという学生も多いように思います。

 

どうせ変える(チェンジする)のなら、オシャレに格好よく、自分らしさが醸し出せるような髪の色(ヘアカラー)にして欲しいな、とも強く思います。

 

明日も、授業があります。

 

パーソナルカラー診断の授業で、似合う色を診断することになっているのですが、間違いなく、

 

「髪の色、どうしたら良い?」

 

って、質問が来ると思っています♪