1. TOP
  2. ブログ
  3. 色を「選ぶ」「見分ける」ということ

色を「選ぶ」「見分ける」ということ

やっと夏休みに入りました。

 

b0113591_1545417

 

夏休み前の約1ヶ月間は目まぐるしい日々でした。

専門学校で学生たちに「色(カラー)」について懇々と授業をし、パーソナルカラー診断を通して ”似合う” ということを説明したり・・・楽しいことではあるけれど、結構重労働な仕事でもあります。

 

DSC_8652_54220

 

 

自分に「似合う色」「似合わない色」というものがあるんだな、とわかってくると、人のことも気になりだす。。。

自然と学生たちからの質問事項も多くなってきます。

・・・私からも、ふいに投げかけるし。。。(笑)

 

 

 

徐々に、色を「選ぶ」作業がとても大変なことだということに気づきだします。

身の回りにある「色」を「見分けて」「選ぶ」

自分に似合う色だけでなく、そうでない色も「見分け」ないといけません。

また、自分以外の場合、どうするのか。。。

与えられたテーマに対して選ぶことができるのか。。。

 

 

 

色んなパターンが出てきます。

 

 

授業を通して、結構なスキルを学生たちに求めているんだな、わたしは。。。と今さらながら感じます(笑)

 

 

最近、

「先生の授業を受けた卒業生たちから、”パーソナルカラーの勉強をしておいて良かった” という感想をよく聞きますよ!」

 

 

と専門学校の先生方から言っていただけるようになりました。

とっても嬉しいことです。

 

 

 

また、とあるプロの方から

「パーソナルカラーの講習会をお願いします!」

とこれまたひょんなことから依頼を受けたりしました。

 

 

 

技術はあっても、もうひとつ大事なポイントである「色」を「選ぶ」「見分ける」ということの大切さに気づかぬまま過ごしているケースもあるかと思います。

 

 

 

「似合う」「似合わない」

 

 

 

という面だけではなく、色もTPOによって「選び」「見分ける」

そして「理論立てて説明できる」または「納得できる」ということを求められている人が結構私の周りにいるのだな。。。と最近、感じています。

 

008 (4)

 

 

 

私のパーソナルカラーについての伝え方、これから変化があるかもね♪

そんなことをここ数日、感じています(^-^)