1. TOP
  2. ブログ
  3. 手作り石けんの保管方法 NEW!

手作り石けんの保管方法 NEW!

今年は湿度の高い日が多く、梅雨が明けてもムシムシとした毎日が続きます。

それに加えて高い気温。。。

 

年に一度アップしているこちらの記事ですが

手作り石けんの保管方法(加筆・修正)

この時期になると、多くの方に見て頂いているようです。

ありがとうございます。

 

先程のように、今年は梅雨の時期が長かったですからね。

生徒さんだけでなはく、全国で石けん作りをされている方からの検索が多かったみたいです。

 

という私も、今年はストックの石けんを何度も何度も触って、また見てはチェックをしていました。

だいぶ汗をかいている石けんも多かったです。

 

・・・前触れはさておき。。。

 

じゃーーーん!!

桐の箱。

 

どうして今までこれに気がつかなかったのか。。。

 

過去に、こんな風に写真を撮って遊んでいたことがありました 笑

ふと、この箱に入れた石けんの状態が他と違う、ということに気づいたのもつい、数日前。

 

この中にはキッチンソープをストックしていたので、いつものスキンケアのソープとは違うレシピとは言え、

さらさらしている。。。(ベトついていない)

 

 

そして、何気なくスマホを見ていた時に現れたカルトナージュされたきれいな桐箱。

大切なカメラを収納されている画像でした。

(画像は、無料サイトからお借りしました)

 

 

あ!

 

・・・(あ!と思うのが今頃という)

 

過去に、カメラやレンズを収納するのに専用のボックスがあったほうが良いかな、と思って一応検索はしていた。。。

(その時は桐箱ではなく、カメラの保存ケースで検索)

でも、決しておしゃれではないのと、大きさが小さいか大きいか極端でピン!と来ず。

 

 

それからカルトナージュされたきれいな桐箱から、お茶屋さんにある大きな茶箱にまでたどり着き(笑)

桐の箱や茶箱が、昔から重宝されていることをこの年齢になって改めて知ることとなり。。。

 

 

なるほど!なるほど!!

 

と。

 

 

近所のお茶屋さんのご主人に(一応、ちょくちょく行くので見ず知らずでもない)

「空の茶箱ありませんか?」

とマジで聞こうと思っていた 笑

 

 

・・・でも、家にもあるじゃん!

 

いただいた高級カステラが入っていた大きめの桐の箱が!!

(屋根裏に鎮座しておりました)

 

それから、写真にあるように今治タオルが入っていたであろう、桐の箱を2箱調達。

これで、私のストックのソープを保管するには大丈夫そうです。

 

(私が今頃気づくくらいなので、もう既にご存知の方も多いかとは思いますが)

ご家庭のソープのストック量に合わせて色んなサイズの桐箱があるので、ぜひ手作り石けんの保管には桐箱を使ってみてはいかがですか?

 

 

ちなみに、私が調達した今治タオルが入っていたであろう空の桐箱は

 

・・・メルカリ!!

 

で見つけましたよ(≧◇≦) (これが言いたかった 笑)

 

 

では♪