1. TOP
  2. ブログ
  3. 同期、有難い存在

同期、有難い存在

今週は、「同期」の存在が改めて有難いと感じた1週間でした。

アロマテラピーインストラクターの資格を勉強中に知り合ったAtelierFéeFéeの神田さん。

彼女とは、出会ってから早11年・・・という。

昨日は、新年会ということで彼女と待ち合わせ。

名古屋駅ゲートタワーの中にある、ゲートハウスへ。

半年前にも2人で出かけたお気に入りの場所です。

2人とも高層&景色抜群のロケーションが大好き!

 

いつもお店のセレクトや予約は彼女に任せて私は待ち合わせ場所へ。というスタイル。

この日のサプライズは、デザートのプレートにデコレーションされた出会って11年のメッセージ。

(お店の人には1年間違えて12年と伝えたそう 笑)

こちらこそ、Thanks!Thanks!Thanks!

 

場所を同じフロアのスタバへ移動してのトークは、仕事、プライベートなど多岐にわたり。

何となく、似たような境遇にホロリと涙が出たり、仕事の話になれば、お互いに近況報告&目標宣言&激励など、テンションも高くなり、今年1年また新たに頑張ろう!のスイッチがオンになっていくのを実感。

 

アロマ、ハーブと同じことを仕事にしていながら、得意分野がお互いに違う私たち。

それがかえって、お互いにとって有難い存在となっています。

 

次回は、合同誕生日会を目標に!

また頑張るぞ!!

 

そして、一昨日は大阪までJAMHAの認定教室説明会に出かけてきました。

ハーバルセラピストを教えられるように、というのが私が以前から考えていたことです。

やっと、準備が整ったというか時期が来たというのか、自分の予定が合ったというのか。。。

説明会は年に1,2回しかないので、この時を逃すとまた半年、1年後になってしまいます。

 

とはいえ、自分の中でひとつ心配だったことがあったものの、それも問題のないことがわかり、本来なら申請書類を提出してから協会の方との面談という流れのところを、書類提出の前に先に面談をしていただくこともできました。

 

そして、この説明会でハーバルプラクティショナーを勉強していた当時の同期とバッタリと遭遇!

彼女は、石川県から来ていました。

彼女も同じように地元で認定教室を開講できるようにとのことでした。

お互いに近況報告をして、しばらくぶりの再会を楽しみ、刺激をもらい名古屋まで帰ってきました。

彼女にいただいた黒文字茶。

今、美味しくいただきながらこのブログを書いています。

 

最後は、昨日の夜。

同じくハーバルプラクティショナーを勉強していた当時の同期とのLINEでのやり取りです。

彼女とはシニアハーバルセラピストを勉強していた当時からの付き合いです。

一昨日の認定教室説明会のことを報告しがてら、私が内緒にしていたことをカミングアウト。

 

そこから、話が飛躍し、新たな私たちの目標が飛び出した!!

 

 

私ひとりなら、まだというかずっと悶々としていたな。。。きっと。

 

これら3件ともすべてこの一週間での出来事です。

個人で仕事をするようになってから、判断するのも行動するのもひとりです。

だからこそ何となく自分の心の内が迷っているときや、一歩を踏み出すときというのは、同期の存在がとてもとても有難いものです。

 

そして、この1週間の間に3人の同期とコミュニケーションが取れたことは、単なる偶然ではないようにも感じます。

まだまだ頑張れるよね!ワタシ!!

 

そんなことを改めて感じた1週間。

 

皆さんも、「同期」と呼べる存在いますか?

これから個人でお仕事をされる方は、特に「同期」を大切にしてくださいね♪