1. TOP
  2. NAOナチュラルスキンソープ
  3. カレンデュラソープ「月可憐」への思いと販売に至るまでの道のりーその4

カレンデュラソープ「月可憐」への思いと販売に至るまでの道のりーその4

カレンデュラソープ「月可憐」販売に至るまでの経緯を記しています。

「その1」はこちら

「その2」はこちら

「その3」はこちら

**********

さて、パルセイユの工場へ持ち込み分の材料も届き、ひと段落。

・・・とはいかず、完成したソープの個包装のラベルの作成と、化粧品登録をするためにカレンデュラソープの販売名を決めなければなりませんでした。

 

キッチンソープは洗い物専用なので雑貨扱いですが、カレンデュラソープは顔やボディに使用するため、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称、医薬品医療機器等法・・・旧、薬事法)の規制により化粧品登録が必要になってくるのです。

 

最初は販売名と商品名との区別がつかず、頭の中が混乱(苦笑)

販売名に「カレンデュラソープ」とは使用できません。

ラベルの裏面に記載しなければならないのが販売名。

(正式な名称、みたいなものと表現すれば良いでしょうか)

 

商品名は、表側のラベルのデザインと一緒に記載するので、ご自由に!と担当の方に言われても、

・・・「とはいえ。。。」

と悩む悩む。。。

 

そして、「販売名が決まりましたらすぐにご連絡を」と何度もメールがあり、

 

”あーーー、早く決めないと”

 

と、焦るばかりでしたが、ある時ふと

 

「そうだ、自分が考えたレシピであることには間違いない。そしてそれは私自身のことでもある。親からもらった名前をどこか使えないか」

 

と。

 

「なおみ」を色々とローマ字であれやこれやと(・・・と言っても限られてますが 笑)小細工してみようとはしましたが、なんせ、こじゃれたセンスなどなく。。。

 

「そういえば、親からよく呼ばれてたな」

 

というところから

 

「NAOナチュラルスキンソープ」

 

と命名しました。

(そうなのです。「なお」とか「なおさん」とかね、呼ばれていたのです。なぜか「なおみ」と「み」まで呼んでもらえなかった 笑)

 

 

じゃぁ、その次は商品名。

こちらはご自由に、と言われたとはいえ、言ってみれば、よく使うネーミングということにもなります。

 

ラベルの表にも記載されるわけですし。。。

 

最初、実は別の商品名を考えていました。

 

でも、、、

 

せっかくつけるなら、まだ誰も使用していない商品名にしたいと思い

(まぁ、こんなところまでがトコトン!ですねー。本当に)

 

岡村さんに付き合ってもらって、専門の方のところまで出向き、商品名の相談をしました。

色々と調べていただく中で、当初考えていた商品名は既に使われていた、ということがわかり、さぁ、そこからが大変!

 

もうその場では私の頭の中はフリーズ!!

 

・・・何も思い浮かばない!!

 

と思っていたところに、岡村さんと弁理士の方から出たのが

 

月可憐

 

だったのです。

決めた時点ではまだどこも使用していない商品名だったので、このまますんなりと提出している書類が通ればよいのですが、結果がわかるのがおそらく、年明け3月頃かな。

(通らなかったら、どうしよう??? 笑)

 

自分の他の仕事でもそうですが、講座名とかキャッチコピーってとても大切だとこの時、ひしひしと感じました。

 

自分のソープを商品化するにあたって、「カレンデュラソープ」とだけ謳っていれば良いと思っていたので、この時期はかなり、身の回りにあるポスターや雑誌の見出し、キャッチコピーなど、いつも以上に気に留めていましたね。

 

さぁ、販売名も商品名も決まったので、いよいよ肝心のラベル作成です。

こちらはパソコン得意の岡村さんにお願いすることにしました。

 

今日はここまで。

あと、1回くらいで完結するかと思います。

もう少し、お付き合いいただけると嬉しいです。

 

続く。