1. TOP
  2. ブログ
  3. アロマ・ハーブ
  4. 精油
  5. 抗ウイルス作用を期待して、精油を取り入れてみましょう

抗ウイルス作用を期待して、精油を取り入れてみましょう

アロマテラピーで使用する精油(エッセンシャルオイル)は、植物の有効成分が高濃度に含まれた揮発性の芳香物質です。

日本では雑貨扱いになっているため、それほど重要視されていない面も見受けられますが、実は普段の生活に取り入れると良いことがたくさんあると思っています。

 

連日の新型コロナウイルス報道を目にしたリ耳にしたりすると、不安になってくることも多くあります。

そのような時にも気持ちを穏やかにしてくれたりする役目も「香り」にはあるのです。

 

これからの内容は、どこまでどのように記載をしたら良いのか、正直なところとても迷いました。

というのも、ひとつの精油(エッセンシャルオイル)には、数十から数百種類もの天然の有機化合物(有効成分)が含まれています。

 

タイトルにあるように

「抗ウイルス作用」のみに有効な精油(エッセンシャルオイル)というものは存在しません。

(それは、精油は単一成分で出来ているお薬ではない、ということにもなります)

 

また、「抗ウイルス作用」といっても、ウイルスにも様々なものが存在します。

新型コロナウイルスに有効かどうかは、未知数です。

 

とは言っても、インフルエンザウイルスなどの予防のために取り入れたりしている方も多いと思います。

ですので、今の時期、ぜひ精油(エッセンシャルオイル)を取り入れてみてください。

 

 

また、成分について詳しく記載しようかとも思いましたが、勉強のための内容ではありませんので省略させていただきますね。

詳しく知りたい方は、個別にご連絡いただければと思います。

 

ということで、前置きが長くなりましたが、、、

以下、私が「抗ウイルス作用」におすすめだと思う精油(エッセンシャルオイル)です。

 

・ティートリー

・ニアウリ・シネオール

・パルマローザ

・ユーカリ・ラディアータ

・ユーカリ・グロブルス

・ラベンサラ(ラヴィンツァラ)

・ラベンダー

・ローズマリー・シネオール

・月桃

・ヒノキ

(あえて、一般の方が安心に取り入れやすいものをピックアップしています)

 

こんなところでしょうか。。。

精油(エッセンシャルオイル)は、例えば「抗ウイルス作用」に期待ができる成分が多いからということで取り入れるのもアリだと思いますが、それ以外の成分との相乗効果という面も期待して取り入れると良いと思っています。

 

香りはまず鼻(嗅覚)で捉えます。

鼻(嗅覚)が反応するということは、脳が反応していることになります。

私たちの身体は脳からの指令によって動いています。

 

先にも触れたように、連日の報道で不安になる気持ちも、自分が心地よいと思う香りを脳がキャッチできることで穏やかになれます。

それだけでも、免疫力アップに繋がると思っています。

実は、脳が心地よいと思う香りであると受け取っていることを、私たちは「自分の心」が受け取っていると思っています。(とても良いことです♪)

 

ウイルスに負けない身体づくりは免疫力をつけること!

とも言われています。

 

自分の身を少しでも心地よい環境に置くことも大切です。

そのために、自分が好きと思える香りと一緒に過ごせる空間づくり。

ここを意識するだけで、少しは違うかな、と思います。

 

それには、先ほどピックアップした精油(エッセンシャルオイル)だけに限らず、自分が好きと思える精油(エッセンシャルオイル)でも十分効果は期待できると思います。

 

アロマディフューザーやアロマランプをお持ちの方は、芳香浴で。

それらがない方でも、ティッシュペーパーに2,3滴落としたものをお部屋に置くだけでもOKです。

 

我が家は、毎晩寝室にアロマディフューザーを使っています。

部屋の加湿ができるのと、寝ている間に、その日1日の脳の疲れをリカバリーするためにも有効です。

 

精油(エッセンシャルオイル)に期待することは「これ!」と限定できるものではないけれど、ひとつ言えるのは

 

「植物からの恩恵」は、果てしない未知の世界。

でも、必ずや私たちに有益なものをもたらせてくれる。

 

即効性は期待できないけれど、上手に取り入れたらこの先私たちの身体に有益なものをもたらせてくれる。・・・そう私は思っています。

植物が持っている力を信じること!

未知数だけれども、信じて良いと私は思っています。

少しでも皆さまの参考になれば嬉しいです♪

 

今度は、ハーブティー編でも記載できればと思っています(^-^)